JAグリーン鹿児島>特産品紹介>ゴーヤー

色・艶・ボリュームと3拍子揃ったゴーヤー

栄養満点のゴーヤー
6月から10月が旬です。ビタミンC、食物繊維、カロチンが豊富なことから、スタミナチャンピオンとも呼ばれています。食欲増進、スタミナ補給には欠かせない野菜として注目されています。
吉田南支店管内では、吉田南スタミナチャンピオン生産者部会員12人が色・艶・ボリュームと3拍子揃ったゴーヤー作りに取り組んでいます。生産者が愛情込めて育てたゴーヤーは最高に美味しく夏には欠かせない野菜です。
生産者は、早朝から収穫作業を行い、朝採りした新鮮なゴーヤーを1本ずつ手作業でサイズごとに仕分け作業をしたあと、箱詰めされ出荷されます。

同部会員の川畑光雄さん(74歳)とマサ子さん(71歳)ご夫婦の加温ハウス(7a)内には3月に植えた80本の苗に青々としたゴーヤーが実り、早朝から交配作業をしながら愛情を込めて育てたゴーヤーの収穫に追われている。
マサ子さんは「ゴーヤー作りは、私の元気の源です。愛情いっぱいで育てたゴーヤーは最高に美味しいですよ」と満面の笑みで話していた。
出荷されたゴーヤーは、主に関西方面に出荷され、収穫量6㌧を計画している。