JAグリーン鹿児島>食農教育



食農教育とは

「エコ」をテーマに鹿児島大学SCPのメンバーと協働で参加型農業体験「アグリスクール」を開き、一般市民の親子連れと一緒にエコスイーツの原料となるエコ野菜作りに取組んでいます。
2016年度は、当JAの吉田南支店管内にある「レインボーガーデン」でサツマイモ作りや桜島の生産農家さんと一緒に桜島大根作り、2016エコスイーツデザイン画作成、マイ箸作り・そうめん流し体験・収穫体験、料理作りなど年5回のカリキュラムを通じて食の大切さを親子で体験しながら学びます。

平成28年度 第4回(10月30日))

アグリスクールの圃場で実りの秋を満喫しました。
今回は、第1回のアグリスクールで植えたサツマイモとバケツ稲の稲穂を収穫しました。

参加者は、自分たちのバケツを見つけ、生長した稲穂を収穫してかけ干しが出来るように紐で結びました。引き続き、サツマイモを収穫して実りの秋を満喫しました。

平成28年度 第3回(9月17日)

「桜島」をテーマに伝統野菜である桜島大根の種まきと椿油体験に挑戦しました。
参加者は、生産農家の重久さんから桜島大根の特徴や栽培管理方法、種の蒔き方などを教わりました。マルチの穴開けのあと「大きくな~れ1大きくな~れ」と声をかけながら桜島大根100本分の種を丁寧に植えました。

椿油しぼり体験
午後からは、椿の実を使って「割る・つぶす・蒸す・しぼる」の4つの工程を親子で体験しながら椿油の歴史も学びました。

平成28年度 第2回(8月7日)

谷山地域にある大久保渓流会で竹を使ったマイ箸や器をつくったあと、バケツ稲に立てるミニかかしを親子で作りました。昼食では、マイ箸と器を使って青竹を流れるそうめんを堪能したあと、全員でスイカ割りに挑戦しました。

平成28年度 第1回(6月4日)

①サツマイモの苗の植え付け→②バケツ稲つくり→③バケツの名札つくり→④ポイット丸講習会

今年のサツマイモの植付けは、雨の中での作業となりました。参加者たちは、雨具を着用して松岡営農指導員から苗の植え方の説明を受けたあと2種類の苗を植え付けました。

② バケツ稲作りへ移り・・土が入れられたバケツに種を蒔きました。

③ バケツに立てる名前プレートを親子で書きました。とても個性あふれるプレートが完成しました

④ 生ごみから堆肥を作るダンボールコンポスター(通称:ポイット丸)の講習会では基材の説明や仕組み、日頃の管理方法について学習しました。

サツマイモの苗が植え付けられた畑。実りの秋が迎えられますように・・大きく育ってね。