JAグリーン鹿児島>営農塾 野菜のがっこう
野菜のがっこうは、農業初心者を対象とした家庭菜園教室です。テキストを使った講義と坂之上支店管内笠松地区にある畑での実習で野菜作りを基礎から学習します。畑をもっていない受講生には貸し農園付きのコースもあり、実習は共同圃場で行われます。

初のジャガイモ収穫

6月6日、受講生18人が参加してカボチャの芽かきやナス・ピーマンの支柱、誘引作業に汗を流しました。今回は、ジャガイモやキュウリ、ナス、大根を収穫し手土産として持ち帰りました。

鳥獣害対策講習会

6月6日、鳥獣害対策講習会があり、営農塾生OBや組合員、受講生30人が参加しました。管内では、イノシシやアナグマ、などによる農作物の被害が年々増加し、深刻な状況となっている為、定期的に電気柵を使った講習会を開いています。
圃場では、全農指定メーカーである株式会社アポロの社員が電気柵の仕組みや設置方法などを説明しました。
 引き続き、圃場でFRPポールの打ちこみ作業やヨリ線の張り方、電流の強さなどを実際に体験し、設置方法や電気柵の重要性を理解していました。

1期生から6期生はじめての意見交換会

6月5日、意見交換会がたわわタウン谷山であり1期生から6期生の受講生とJA関係者70人が参加しました。
 会では、村山眞一郎組合長のあいさつのあと、今後の取組みとして、年2回座学や実地研修の開催、農地賃借について案内しました。
 引き続き、営農指導員が連作障害や土づくり、肥料、マルチングなど野菜づくりの基礎を説明し、受講生はメモを取りながら再確認していました。

本格的に植付けスタート

4月18日、3回目のほ場実習があり、受講生18人が苗の植え付け作業に汗を流しました。圃場では、受講生が営農指導員から作業方法の説明を受けたあと、2週間前に蒔いた大根の間引きやジャガイモの土寄せ、トマト、ピーマン、オクラ、カボチャなど夏野菜6種類100本の苗を定植しました。
 また、植えた苗を寒害、風害から守るために米袋と支柱を設置しました。

実習作業はじまる

第1回の実習作業がはじまり、受講生16人が参加しました。
 圃場では、営農指導員から耕運機の操作方法やジャガイモの植え方について説明を受けた後、真新しい鍬で溝を掘り、準備された3種類の種芋を植え付けました。
 同がっこうでは、12月までほ場での作業を行い、20種類以上の野菜作りを学びます。

入講式

2月21日、本部で第6期生の開講式があり、受講生とJA関係者23人が参加しました。
 営農塾では、平成24年から月2回定年退職者や家庭菜園に興味のある農業初心者を対象に座学や共同圃場を利用して土づくりや植付け、管理方法など、旬の野菜作りを体験しながら学んでいます。
 式では、村山眞一郎組合長が「1年間を通じて知識と技術を習得していただき、交流の輪を広げてください」と話しました。
 引き続き、座学へと移り、和田営農指導員が「野菜作りの基礎」をテーマに土づくりや肥料の種類や選び方などを説明しました。

12月 受講生8人参加

共同圃場を利用して、受講生が和田営農指導員から今後の栽培管理について説明を受けたあと、聖護院やキャベツ、カリフラワー、茎の赤い水菜(紅法師)など6種類の秋野菜を収穫しました。また、10月に植えた赤大根の試し掘りも行いました。
 収穫した秋野菜は、受講生が手土産として持ち帰り「まさに実りの秋、大収穫祭ですね。野菜たっぷりの鍋料理に使います」と笑顔があふれていました。

 


10月 受講生12人参加

共同圃場では、秋野菜の植付けを行い、受講生は松岡営農指導員から作業内容や秋植え野菜の土づくりの説明を受け、畝やマルチを張り、大根や聖護院、キャベツ、白菜、ブロッコリー、などの種まきと苗を定植しました。
 また、受講生が持参したサラダ甲紫ハクサイと春ひめ茎など珍しい野菜の種も蒔きました。

 


8月 受講生10人参加

圃場では、秋野菜の準備としてマルチ張りや種まきを計画していたが雨が降らず、畑が乾燥しているため作業内容を変更して、ジャガイモの植付け作業のあとナスやピーマン、オクラ、ゴーヤーなど夏野菜を収穫しました。
 圃場では、松岡営農指導員がジャガイモの春植えと秋植えの違いや秋植えにお薦めの品種としてデジマと赤いジャガイモのアンデスレッドを紹介したあと受講生は、掘った溝に種芋を置きながら「土の中は熱いだろうね。恵の雨が降る事と秋の収穫を願うばかりですね」と話していました。

 


初収穫

5月24日、キュウリの整枝やトマトの仕立て作業のあとトウモロコシやオクラ、ショウガ、サトイモを植え付けました。また、ちょっと早いですが大根とキュウリを初収穫しました。


夏野菜の植付けはじまる

4月5日、キュウリやナス、トマト、カボチャ、スイカの苗を植えました。また、畝作りやマルチ張りを体験しました。

圃場での作業はじまる

3月22日、坂之上笠松にある圃場で1回目の実習がスタートしました。
圃場には、受講生16人が参加してジャガイモの植付け作業や耕耘機の操作方法、注意点を学びました。

開講式

2月23日、JAグリーン鹿児島本部で第5期生の開講式がありました。
営農塾では、定年退職者家庭菜園に興味のある農業初心者を対象に1年間座学や共同圃場での実習を体験しながら、土作りや栽培管理など野菜作りのノウハウを学びます。

実習作業はじまる

3月17日、第1回の実習がスタート受講生20人が参加しました。
 圃場には、2ヶ月間の座学を終えた受講生が真新しい鍬と長靴姿で集まり、心待ちにしていた圃場実習、ジャガイモの植付けに挑戦しました。

 今回は、共同圃場を利用して、ジャガイモの植付けや畝の作り方、肥料のやり方などを体験。
また、圃場で使う耕運機のエンジンのかけ方や運転方法を学びました。

貸し農園でもジャガイモの植付けを行い準備した種芋を植えていました。

座学

3月2日、中山支店で第4回の座学があり、受講生21人が参加しました。
 今回は、野菜作りの基礎第4弾として、根菜類の他にネギやレタス、ハクサイなどの葉菜類について学習し、受講生はメモを取りポイントを書きとめていました。
 また、種芋のカット方法の指導もあり、受講生からは「切り口には灰を付けなくても大丈夫ですか。それから小さな種芋でも生長しますか」など色々な質問がありました。

入校式

JAグリーン鹿児島本部で第4期生の開講式があり、受講生22人が出席しました。
 営農塾は、2つのコース(通常・貸農園付き)があり、1年間座学や共同圃場での実習を体験しながら、土づくりや野菜作りのノウハウを基礎から学びます。
 式では、川元組合長のあいさつのあと1回目の座学へと移り、松岡営農指導員が肥料の種類や選び方、種まきなど野菜作りの知識について説明しました。