JAグリーン鹿児島>エコスイーツ
エコスイーツとは、家庭用生ごみを堆肥化するダンボールコンポスター(通称:ポイット丸)で作った自家製堆肥で育てた環境に優しいエコ野菜をスイーツの原料として活用します。鹿児島市内の菓子店やレストラン、パン屋さんなど参加企業の各店舗でケーキやプリン、クッキーなど色々な味が楽しめるオリジナルエコスイーツを開発・販売するスペシャルなイベントです。

詳しい内容は下記のメールアドレスへ・・鹿児島大学SCP
http://imozo.leh.kagoshima-u.ac.jp/~SCP/

2017エコスイーツ販売はじまる

アグリスクールに参加している子供のデザイン画がスイーツになって登場しました。

商品化されたスイーツの販売店舗は「創作スイーツ フロマージュクリュ」
住所:鹿児島市紫原6丁目28-10
電話番号:099-206-1151

エコ野菜作り

エコスイーツの原料となるエコ野菜は、アグリスクールで育てた野菜が原料になっています。これまでアグリスクールではカボチャや落花生、サツマイモなどエコ野菜を作り美味しいスイーツに生まれ変わりました。

デザイン画を基に商品化

アグリスクールに参加した子供たちが「こんなスイーツ食べたいな」と描いたデザイン画が商品化され、スイーツとして販売されました。 商品化されたスイーツは桜島のシンボルをイメージして描かれたデザイン画で「レオちゃんの桜島ポテト」とネーミングされました。


【デザイン画】

【レオちゃんの桜島ポテト】

エコスイーツ教室<エコスイーツパン作り・NO768>

エコスイーツ活動の一環として、市内にあるパン屋さんでエコスイーツ教室を開き、小学生13人がエコパン作りに挑戦しました。子供達は、エコ野菜のサツマイモから作った餡をたっぷり包んだイモチョコアンパンやオリジナルのピザ、チョコたっぷりのドーナツなど3種類のパン作りを楽しみました。  作業場には、パン生地を思うように伸ばせなくて苦戦しながらも自由な発想で思い思いのパンを作り「早く食べたい。今日のパンは最高に美味しいだろうね」と笑顔があふれていました。焼き上がったパンを試食しながら「サツマイモの餡はエコの味がして美味しいね。餡とチョコが絶妙だよ」と満足していました。